アメリカと日本の薄毛

世の中には薄毛の人はとても多く存在します。

実は日本だけではなく、アメリカやヨーロッパなどにも数多くの薄毛の人が生息しています。

ですが、世界の中でも日本の男性は人一倍薄毛を気にしていると言えるでしょう。

なぜなら、海外では日本のようなバーコードヘアのような髪型はまり見ず、どちらかというと髪型をオールバックにしてしまうか、坊主にしてしまうかのどちらかでしょう。

日本人からしたら、このどちらかの髪型にしても外人だから決まるんだというかもしれません。

ですが実際、日本でやってもそれほど変な見た目にはなりません。

もちろん日本人だけでなく、アジア人全般が海外でこのような髪型にしても全然変な目では見られませんし、社会で生きていくうえでも悪影響はありません。

それでは何故日本ではここまで騒ぐのでしょうか。

それは簡単です。

日本の社会がそれを認めないからです。

日本では髪が生えているのがあたりまえ、ふさふさでないといけないという基礎概念があります。

誰が決めたかは不明ですが、この薄毛に対して敵意のような拒否反応を示す人が多いため、多くの日本人は薄毛を隠そうとするのではないでしょうか。

海外と比べたら、これは恥ずべきことではないでしょうか。

歳を取れば髪が薄くなるのは当然のことであり、なぜかどうしようもありません。

なのにそれを受け入れず、その薄毛が悪と信じる現在の日本文化を変えるのが一番の薄毛の対策と言えるでしょう。

あなたも一度薄毛の何が悪いのか考えてみてはいかがでしょうか。

▼薄毛特報王国
http://www.timothyhodge.com/